Contact Info:
Osaka 533-0021 JAPAN
Email: nobitanaka@ivy.ocn.ne.jp

Hideo Tanaka, M.A., Ph.D.

Focusing Trainer
Focusing Trainer Information:
  • I offer Focusing training in individual sessions.
  • I offer Focusing workshops.
  • I am available for public presentations.
  • I am available to travel to teach workshops.
Focusing Trainer Specialty Areas: Creative process
Other Focusing Trainer Specialty Areas: Theory

A Sample of my Work:
【presentation】
Hideo Tanaka (2015). The significance of just touching 'this feeling.' 26th International Focusing Conference, Seattle University, WA.

【学位論文】
田中秀男 (2018). フォーカシングの成立と実践の背景に関する研究―その創成期と体験過程理論をめぐって― 関西大学博士論文


My Publications:
田中秀男 (2004/2005). ジェンドリンの初期体験過程理論に関する文献研究:心理療法研究におけるディルタイ哲学からの影響(上)・(下). 図書の譜:明治大学図書館紀要, 8, pp.56-81 & 9, pp.58-87.
要約:心理療法家ユージン・ジェンドリン(1926-2017)の初期の業績を、着想順に追い、検討した。大学院入学当初、ジェンドリンは哲学を専攻していて、のちに心理療法の世界にも入っていった。大学院生時代にどんな哲学を専攻していたか、どのような問題意識をもって哲学の世界から心理療法の世界へ飛び込んだか、大学院生時代に培った哲学の思考法がのちの心理療法研究における変数の取り方や理論の組み立て方にどのような影響を与えたか、といったことを中心に初期のジェンドリンの業績を時系列で検討した。
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/tanaka.pdf
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/tanakaH04.pdf
Tanaka, Hideo (2004/2005). A biblographic survey about E. T. Gendlin's early theory of experiencing: influences on his psychotherapeutic studies from W. Dilthey's philosophy, 1 & 2 [in Japanese]. Bulletin of Meiji University Library, 8, pp.56-81 & 9, pp.58-87.

田中秀男 (2014). そもそも「象徴化」とは?:「象徴化は必ずしも必要か」の議論の前に. 第1回TAE質的研究国際シンポジウム報告書(宮崎大学), pp.98-103.
要約: 本稿では、ジェンドリンが言う意味での「象徴化」の定義を、彼の一次文献に基づき、考察した。考察の結果、彼の言う「象徴化」とは、通常の日本語の象徴化という語感に比べると、やはり意味合いが広いものだということを確認した。これにより、用語の共通理解がなされた上で、改めてフォーカシングやTAEにおいて「聞き手が話し手に象徴化を促すことは必ずしも必要か」という議論が研究者のあいだでなされる基盤を提示した。
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13438/1/KU-1100-20140510-00.pdf
田中秀男 (2014). What is 'symbolization?': preliminary discussions on whether symbolizations are always necessary in psychotherapy [in Japanese]. The 1st TAE Qualitative Research Symposium Reports, pp.98-103.

田中秀男 (2015). 「一致」という用語にまつわる問題点とジェンドリンによる解決案. 人間性心理学研究, 33(1), pp.29-38.
要約: 一般に、カール・ロジャーズは、ウィスコンシンでの統合失調症治療プロジェクトを経て、それまで以上にセラピストの「一致」した態度を重視するようになったと言われている。その一方、ユージン・ジェンドリンは、当プロジェクトの重要な論客であったにもかかわらず、「一致」という用語を使うことがごくまれである。本稿では、ジェンドリンが「一致」という用語にどのような問題点を感じ、解決を図ろうとしたのかを、彼の初期の主著『体験過程と意味の創造』の観点から解明する。この解決案により、フォーカシングにおける「ぴったり」という言葉を使う際に陥りがちな誤解を防ぐための留意点を提示する。
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13412/1/KU-1100-20150930-00.pdf
Tanaka, Hideo (2015). Some issues about the term 'congruence' and the solutions proposed by Gendlin [in Japanese]. The Japanese Journal of Humanistic Psychology, 33(1), pp.29-38.
English abstract: It is generally said that Carl Rogers came to emphasize the “congruent” attitude of the therapist through the Wisconsin Project. On the other hand, Eugene Gendlin, despite being one of the most important theorists of the project, rarely uses the term “congruence” in his works. In this article, the author clarified how Gendlin saw the term “congruence” as a problem and how he resolved the problem, on the bases of his early primary work Experiencing and the Creation of Meaning. With this clarification, the author sets out to explore how to prevent misuses of the word “match” in Focusing.

田中秀男 (2016). ジェンドリンの心理療法研究における過程変数. 心理学叢誌(関西大学大学院心理学研究科), 16, pp.105-111.
要約: 本稿は、ユージン・ジェンドリン(Eugene Gendlin, 1926-)が自身の心理学論文において、「過程(process)」という用語を、通常の用語法である「結果(outcome)」の反対語ではなく、「内容(content)」の反対語として用いていることの特異性に着目し、その意義を考察した。具体的には、ロジャーズとジェンドリンの間をつなぐリサーチ研究者として、デズモンド・カートライト(Desmond Cartwright, 1924-)に着目した。これにより、クライエント中心及びフォーカシング指向心理療法の発展の捉え直しを提唱した。
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13413/1/KU-1100-20161120-01.pdf
Tanaka, Hideo (2016a). 'Process variables' in Gendlin's psychotherapy studies [in Japanese]. Kandai Psyclological Reports, 16, pp.105-111.

田中秀男・池見陽 (2016). フォーカシング創成期の2つの流れ:体験過程尺度とフォーカシング教示法の源流. サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要, 6, pp.9-17.
要約: ユージン・ジェンドリンがフォーカシングを提唱したきっかけとして、カール・ロジャーズのもとで行われていた以下の2つのリサーチ結果が、著作『フォーカシング』(Gendlin, 1981)で挙げられている。「1. 心理療法の成功と相関があったのは、クライエントが“何を”話したかではなく、“いかに”話したかであった」「2. 心理療法が成功するか/失敗するかは、ごく初期の面接から予測できてしまう」。実は、この2つは、ジェンドリンに先行する研究者たちによる別のリサーチの流れだったことがわかってきた。上記の1.がEXPスケール(体験過程尺度)の源流であり、上記の2.がフォーカシング教示法の源流である。本稿では、こうした2つのリサーチの流れがジェンドリンに継承されることで、どのように合流して現在の「フォーカシング」となったのかを提示する。
http://www.akira-ikemi.net/AkiraIkemi-Net/Focusing_files/16-Tanaka%26Ikemi.pdf
Tanaka, Hideo & Ikemi, Akira (2016). Two streams in the early period of focusing: the sources of the experiencing scales and focusing instructions [in Japanese]. Psychologist: Bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, 6, pp.9-17.
English abstract: It is generally cited on Focusing (Gendlin, 1981) that there are two kind of research studies conducted by Carl Rogers’ group which motivated Eugene Gendlin to advocate Focusing: '1. Success in therapy correlated not with what the clients talked about, but with how they talked.” “2. Success or failure in therapy could be predicted from the early interviews.' In fact, it has been found that these two kinds of research studies derived from different streams conducted by researchers who preceded Gendlin. The first kind of research studies above are the sources of the Experiencing scales, and the second kind of studies are the sources of Focusing instructions. In this article, the author attempts to show how Gendlin developed these two streams, merging them together to form what is now called “Focusing”.

田中秀男 (2017). 「一致」というテーマに関する最適の書 (特集 ロジャーズの中核三条件を読む). 人間性心理学研究, 34(2), pp.143-149.
要約:本稿は、下記の図書の論評レビューを行った。
本山智敬・坂中正義・三國牧子(編)(2015): ロジャーズの中核三条件:カウンセリングの本質を考える 第1巻 一致 創元社.
まず、本山ら(2015)の刊行経緯・構成・特色を紹介した。続いて、本山ら(2015)に基づいて、評者の立場からロジャーズ中核条件としての「一致」を検討した。
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13414/1/KU-1100-20170331-00.pdf
Tanaka, Hideo (2017). The best book on the subject of 'congruence' (Special review article: discussions of the separate volumes Three Core Conditions Proposed by [Carl] Rogers) [in Japanese]. The Japanese Journal of Humanistic Psychology, 34(2), pp.143-149.

田中秀男 (2018). “この感じ”という直接参照:フォーカシングにおける短い沈黙をめぐって. 人間性心理学研究, 35(2), pp.209-219.
要約: 本研究では、ユージン・ジェンドリンの理論的用語「直接参照 (direct reference)」の中核的意味を検討することで、“この感じ”“それ”のようにフェルトセンスの質を表さない言葉を、フェルトセンスの質を表す言葉から区別した。この区別を、『フォーカシング指向心理療法』 (Gendlin, 1996)や『フォーカシング入門マニュアル』 (Cornell, 1994) の逐語記録を考察する際に用いることで、セッションにおける短い沈黙のときにフォーカサーが主に行っている作業と、「ハンドルを見つけ、共鳴させる」作業との違いを明らかにした。この結果、フォーカサーの作業の違いに応じたリスナーのふさわしい応答を理論的に考察した。
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13415/1/KU-1100-20180331-00.pdf
Tanaka, Hideo (2018). Direct reference called 'this feeling': the significance of the short silence in focusing [in Japanese]. The Japanese Journal of Humanistic Psychology, 35(2), pp.209-219.
English abstract: This study distinguished words which do not represent the quality of the felt sense such as “this feeling” or “it” from those which represent the quality of the felt sense, through examining the core meaning of Eugene Gendlin’s theoretical term, “direct reference.” By applying this distinction to the discussions of some verbatim records from Focusing-Oriented Psychotherapy (Gendlin, 1996) and The Focusing Student's Manual (Cornell, 1994), the author clarified the difference between the focuser's main act from the focuser’s act such as finding and resonating a handle. As a consequence, the author theoretically discussed the listener’s appropriate responses depending on the difference of these acts of the focuser.

河﨑俊博・岡村心平・田中秀男・越川陽介・三木健郎 (2018). 保育者を対象としたフォーカシング研修の検討:フォーカシングの観点から日常の保育実践をより豊かに理解する試み. 関西大学心理臨床センター紀要, 9, pp.69-81.
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13093/1/KU-1100-20180315-07.pdf

The International Focusing Institute  |  15 N. Mill St., Nyack, NY 10960, USA  |  Tel: +1 (845) 480-5111  |  Fax: +1 (845) 704-0461
All contents copyright 2018 by The International Focusing Institute   info@focusing.org