Contact Info:
Osaka 533-0021 JAPAN
Email: nobitanaka@ivy.ocn.ne.jp

Hideo Tanaka, M.A.

Focusing Trainer
Focusing Trainer Information:
  • I offer Focusing training in individual sessions.
  • I offer Focusing workshops.
  • I am available for public presentations.
  • I am available to travel to teach workshops.
Focusing Trainer Specialty Areas: Creative process
Other Focusing Trainer Specialty Areas: Theory
Personal Statement about Training Program:
講演会・ワークショップ:
田中秀男 (2015). ジェンドリンの考え方・かんじ方にふれる勉強会 (なごやフォーカサーズ主催)
田中秀男 (2016). 哲学者のジェンドリンが、「フォーカシング」とどのようにリンクできたのか? (大阪フォーカシング研究会主催)



My Publications:
田中秀男 (2001a). ロジャーズに出会う前のジェンドリン:フォーカシングの哲学的背景を探し求めて. The Focuser's Focus:日本フォーカシング協会ニュースレター, 4(1), pp.4-5.

田中秀男 (2001b). 動詞carry forwardの用法, 4(3), pp.4-7.

田中秀男 (2004). 「直接のレファランス」の「直接の」って?:「レファランス」と「照合」の異同を見定める. The Focuser's Focus:日本フォーカシング協会ニュースレター, 7(2), pp.1-6.

田中秀男 (2004/2005). ジェンドリンの初期体験過程理論に関する文献研究:心理療法研究におけるディルタイ哲学からの影響(上)・(下). 図書の譜:明治大学図書館紀要, 8, pp.56-81 & 9, pp.58-87.
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/tanaka.pdf
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/tanakaH04.pdf

田中秀男 (2005). 待ってくれる人、ジェンドリン:30分の幸福な面会時間を振り返って. The Focuser's Focus:日本フォーカシング協会ニュースレター, 8(2), pp.4-6.

田中秀男 (2014). そもそも「象徴化」とは?:「象徴化は必ずしも必要か」の議論の前に. 第1回TAE質的研究国際シンポジウム報告書(宮崎大学), pp.98-103.

田中秀男 (2015). 「一致」という用語にまつわる問題点とジェンドリンによる解決案. 人間性心理学研究, 33(1), pp.29-38.
Tanaka, Hideo (2015). Some issues about the term 'congruence' and the solutions proposed by Gendlin [in Japanese]. The Japanese Journal of Humanistic Psychology, 33(1), pp.29-38.

田中秀男 (2016a). ジェンドリンの心理療法研究における過程変数. 心理学叢誌(関西大学大学院心理学研究科), 16, pp.105-111.
Tanaka, Hideo (2016a). 'Process variables' in Gendlin's psychotherapy studies [in Japanese]. Kandai Psyclological Reports, 16, pp.105-111.

田中秀男 (2016b). 感じと言葉. 池見陽(編)傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング:感じる・話す・聴くの基本 ナカニシヤ出版, pp.53-59.

田中秀男 (2016c). 初期ジェンドリン哲学にはない「スペース」の考え方(逐語記録へのコメント). 池見陽(編)傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング:感じる・話す・聴くの基本 ナカニシヤ出版, pp.167-169.

田中秀男・池見陽 (2016). フォーカシング創成期の2つの流れ:体験過程尺度とフォーカシング教示法の源流. サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要, 6, pp.9-17.
Tanaka, Hideo & Ikemi, Akira (2016). Two streams in the early period of focusing: the sources of the experiencing scales and focusing instructions [in Japanese]. Psychologist: Bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, 6, pp.9-17.
http://www.akira-ikemi.net/AkiraIkemi-Net/Focusing_files/16-Tanaka%26Ikemi.pdf

田中秀男 (2017). 「一致」というテーマに関する最適の書 (特集 ロジャーズの中核三条件を読む). 人間性心理学研究, 34(2), pp.143-149.
Tanaka, Hideo (2017). The best book on the subject of 'congruence' (Special review article: discussions of the separate volumes Three Core Conditions Proposed by [Carl] Rogers) [in Japanese]. The Japanese Journal of Humanistic Psychology, 34(2), pp.143-149.

田中秀男 (2018). この感じという直接参照:フォーカシングにおける短い沈黙をめぐって. 人間性心理学研究, 35(2), pp.209-219.
Tanaka, Hideo (2018). Direct reference called 'this feeling': the significance of the short silence in focusing [in Japanese]. The Japanese Journal of Humanistic Psychology, 35(2), pp.209-219.

河﨑俊博・岡村心平・田中秀男・越川陽介・三木健郎 (2018). 保育者を対象としたフォーカシング研修の検討:フォーカシングの観点から日常の保育実践をより豊かに理解する試み. 関西大学心理臨床センター紀要, 9, pp.69-81.
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13093/1/KU-1100-20180315-07.pdf

The International Focusing Institute  |  15 N. Mill St., Nyack, NY 10960, USA  |  Tel: +1 (845) 480-5111  |  Fax: +1 (845) 704-0461
All contents copyright 2018 by The International Focusing Institute   info@focusing.org