Contact Info:
Osaka 533-0021 JAPAN
Email: nobitanaka@ivy.ocn.ne.jp

Hideo Tanaka, M.A.

Focusing Trainer
Focusing Trainer Information:
  • I offer Focusing training in individual sessions.
  • I offer Focusing workshops.
  • I am available for public presentations.
  • I am available to travel to teach workshops.
Focusing Trainer Specialty Areas: Creative process
Other Focusing Trainer Specialty Areas: Theory

A Sample of my Work:
Presentation:
Tanaka, Hideo (2015): The significance of just touching 'this feeling'. Presented at the 26th International Focusing Conference. Seattle, WA
Abstract: Very often, a focuser turns down a tentative handle, just touches the felt sense again wondering 'what is this?' and then finds a more appropriate handle. How different are the focuser's modes of experience when they have, or don’t have a handle? Gendlin mentioned theoretical suggestions about this difference in his early primary work, 'Experiencing and the Creation of Meaning'. On the basis of these suggestions, the presenter considers how a listener can make appropriate responses to these modes of experience, by referring to concrete sessions from Gendlin's 'Focusing-Oriented Psychotherapy' and Weiser Cornell's 'The Focusing Student's Manual'.


My Publications:
田中秀男 (2004a). 「直接のレファランス」の「直接の」って?:「レファランス」と「照合」の異同を見定める. The Focuser's Focus:日本フォーカシング協会ニュースレター, 7(2), pp.1-6.

田中秀男 (2004b). ジェンドリンの初期体験過程理論に関する文献研究(上):心理療法研究におけるディルタイ哲学からの影響. 図書の譜:明治大学図書館紀要, 8, pp.56-81.
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/tanaka.pdf

田中秀男 (2005). ジェンドリンの初期体験過程理論に関する文献研究(下):心理療法研究におけるディルタイ哲学からの影響. 図書の譜:明治大学図書館紀要, 9, pp.58-87.
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/tanakaH04.pdf

田中秀男 (2005). “待ってくれる”人、ジェンドリン:30分の幸福な面会時間を振り返って. The Focuser's Focus:日本フォーカシング協会ニュースレター, 8(2), pp.4-6.

田中秀男 (2014). そもそも「象徴化」とは?:「象徴化は必ずしも必要か」の議論の前に. 第1回TAE質的研究国際シンポジウム報告書(宮崎大学), pp.98-103.

田中秀男 (2015). 「一致」という用語にまつわる問題点とジェンドリンによる解決案. 人間性心理学研究, 33(1), pp.29-38.

田中秀男 (2016a). 感じと言葉. 池見陽(編)傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング:感じる・話す・聴くの基本 ナカニシヤ出版, pp.53-59.

田中秀男 (2016b). ジェンドリンの心理療法研究における過程変数. 心理学叢誌(関西大学大学院心理学研究科), 16, pp.105-111.

田中秀男・池見陽 (2016). フォーカシング創成期の2つの流れ:体験過程尺度とフォーカシング教示法の源流. サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要, 6, pp.9-17.
http://www.akira-ikemi.net/AkiraIkemi-Net/Focusing_files/16-Tanaka%26Ikemi.pdf

田中秀男 (2017). 「一致」というテーマに関する最適の書 (特集 ロジャーズの中核三条件を読む). 人間性心理学研究, 34(2), pp.143-149.

The International Focusing Institute  |  15 N. Mill St., Nyack, NY 10960, USA  |  Tel: +1 (845) 480-5111  |  Fax: +1 (845) 704-0461
All contents copyright 2017 by The International Focusing Institute   info@focusing.org