Other languages:  English | 日本語 (Japanese) | Español (Spanish)
 

フォーカシング研究所は、フォーカシングの実践についても、認定フォーカシング教師の教え方についても、フォーカシングの様々な領域への適用についても、標準化はしないという原則を、その中核的価値とします。 (多様性声明 2009)

 

2009115

フォーカシング・コミュニティの皆様:

 

ときに私は、フォーカシングを世界に伝え続けられるだろうか、財政的に生き延びられるだろうかと心配します。しかしほとんどの場合、私たちが提供しているもの素晴らしさにわくわくし、希望を持ち、感動しています。

私たち皆が蒔いた種が、芽吹き始めており、ついていけないほどです。それはとてもよいことです。毎日フォーカシングへの新しいアプローチが、様々な領域で多くの国で、行われています。

私がもっともわくわくしているのは、これらの新芽が、孤立した単独のものではないことです。自然な相互交流が起こっています。例えば、フォーカシング研究所は今、会員のウェブサイトに対して175もの相補的リンクをしています。これは非常にしっかりしたネットワークですが、最近では会員のサイト同士も相互にリンクされるようになりました。さらに、会員たちが「functional wholes機能的全体[1]」を形成して地方レベル、国レベル、地域レベルでサイトを設けています。そしてそれをフォーカシング研究所のサイトや他会員のサイトとリンクさせています。このようなお互いに重なる多層性は、しなやかで集い支持的つながりとなっています。そして、そこからさらにフォーカシングが発展しています。フォーカシングの将来は、一人の個人や一つのグループに依存するものではなくなっています。

エクアドルの話は、重複する構造がどのように貴重かを示すよい例です。フォーカシング研究所は、エクアドルの開発機構の長からEメールでの問い合わせをもらいました。その機構の使命は「エクアドルの最も弱いグループの人々の生活状況を、環境破壊しないで改善する」ことです。彼らは、私たちのコミュニティ健康フォーカシング教育に関心を持ち、スペイン語でのコミュニケーションを要望してきました。私たちは彼らを、フォーカシング研究所認定コーディネーターであるチリのエドガルド・リベロスとアルゼンチンのエレナ・フレッツァに紹介しました。一か月も立たないうちにエクアドルで、9人のカウンセラーに対するフォーカシング訓練が始まりました。その長は、第2回スペイン語圏アメリカ・フォーカシング・サミットに参加し、さらに、第1回フォーカシング指向心理療法世界会議と上級認定ウィークロングにも参加しました。(See Ecuador Slide Show)

エドガルドはそのサミットのことを次のように述べています。「ウィリアムと彼のグループは、第2回スペイン語圏アメリカ・フォーカシング・サミットで、彼らのすばらしい仕事を紹介してくれました。ほとんどの人はその発表の最後では泣いていたほどです。彼と彼のグループが報告してくれたのは、様々なコミュニティや家族において、フォーカシングの後で、人々の自己概念が大きく変わったということでした。私たちは貧しい人々のではない、私たちは人間であり物質的なものを持っていないだけだ。ウィリアムの話し方は謙虚で、自分が与えた大きな影響を認識していないようです。人々が泣いたのは、フォーカシングがウィリアムのからだに息づいていることに感動したからです。フォーカシングという私たちの夢が、人々と生きた相互作用をしていたからです。私たちのフォーカシングが貧しい人々に対して奇跡を起こして、人々が自分のことを「人間」であると、尊厳のない貧しい人々ではなく「人間」であると感じられるようになったからです。ウィリアムは、貧困は魂の凍結したプロセスであると言います。そして、フォーカシングはそれを溶かしてくれるのです。」

 ウィリアムは私たちのリンクされた構造をいくつも渡り歩いてきました。その旅の最初は、エクアドルからフォーカシング研究所へのメールでした。そこから、チリとアルゼンチンの認定コーディネーターによる訓練へ、チリでのサミットへ、そして、今回、その旅はアメリカ合衆国まで至りました。私たちが発達させた、お互いに重なる多様な構造が、このような旅を抱え支えています。

昨年1年で私たちがどれだけ成長しどれだけ多くのことを成し遂げたかを見るには、同封の「重要な出来事」をご参照ください。

 

しかし、フォーカシング研究所の活動継続のためにはあなたの財政的支援が必要です.

時に人々は私たちが大きな組織でたくさんお金を持っていると誤解しています。実際には、スタッフは少なく、非常に限られた予算しかありません。支出全体を抑えるために自宅を仕事場としてこの組織を運営しています。私たちの存続は会費と個人からの寄付にかかっています。私たちは銀行収支を毎日チェックして、心配しています。私たちは非営利団体であり、政府や企業からの資金は受けていません。そのために私たちの収入基盤は脆弱です。自発的な寄付は最初に消えてしまうものだからです。

 二人の常勤スタッフと4人の非常勤だけで、国際的な組織をわずかな資金で運営するのは、非常に難しいことです。プロジェクト・マネージャーともう一人の常勤スタッフのために募金をする必要があります。また、長期的な計画も必要です。継承のための計画と一年以上にわたる予算も必要です。この計画のプロセスに対する皆さんからのご意見ご協力をお待ちしています。

 

寄付をお願いするのが難しいのはわかっていますが私たちには必要なのです:

少し時間をとって内側を確かめ、このようなフォーカシングの仕事に関するあなたの感覚を感じてください。皆さんがこの仕事を支援したいと感じていただきたいと思っています。これは年に一度のお願いです。寄付をお願いする手紙です。75000ドルの寄付を集める必要があります。そのうち、35000ドルは、2009年末から20104分の1期に予想される不足を補うためのものです。15000ドルは、非常勤の国際的プログラム責任者のための資金です。残りの25000ドルで、少額の補助金の要望に答えたいと考えています。あなたが今日寄付をすることは、もっとも必要な場所や人々にフォーカシングを伝えていくための支援になるのです。下町の青少年の援助プログラムやアフガニスタンのような戦争地域やサンサルバドールの市場でフォーカシングを教えることを支えることになります。寄付を通して、この国際的な組織の仕事を援助することができるのです。

 必要な金額をどうやったら集められるか、皆さんもどうか考えてください。もしかしたら、皆さんの友人や親や、大人になった息子や娘の中に、あなたが大事だと思っていることになら、喜んで支援しようと言ってくれる人がいるかもしれません。皆さんにも、負担のない範囲でけっこうですので、ご寄付お願いいたします。少額を毎月支払う形でもかまいません。もし、財産計画の中にフォーカシング研究所を含めてもよい方は、メリンダMelinda@focusing.orgまでお知らせください。

 

できるだけのご協力をお願いいたします。すべての寄付が役立ちます。もし、100人の会員が100ドルずつ寄付してくれ、100人が200ドル寄付してくれ、45人が1000ドル以上寄付してくれれば、目標が達成できるのです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Marion Hendricks-Gendlin, Ph.D. マリオン・ヘンドリックス-ジェンドリン博士

Director, The Focusing Institute  フォーカシング研究所長 

34 East Lane, Spring Valley NY 10977 Tel: 845-362-5222 Fax: 845-704-0461 www.focusing.org info@focusing.org


 


[1] 「機能的全体」とは、ある特定の目的や機能のためにチームとなる人々が集って できるものです。それはその機能が求められている間存在します。人々は、一つ以上の機能的全体に参加しているので、それぞれの機能的全体の間での交流によって豊かになります。

 

 


 

フォーカシング研究所2009年の重要な出来事

フォーカシング研究所多様性声明

2月に理事会で承認されました

フォーカシングは、その瞬間に新鮮に浮かぶものを大切にする実践です。凍結した構造はどんな種類のものであれ、フォーカシングの倫理に反します。それゆえ、フォーカシング研究所は、フォーカシングの実践についても、認定フォーカシング教師の教え方についても、フォーカシングの様々な領域への適用についても、標準化はしないという原則を、その中核的価値とします。アプローチの多様性をこれからも守ります。フォーカシング・トレーナー間の建設的な批判や、フォーカシング研究所とフォーカシングを教え適用している人たちの間での建設的批判は大歓迎ですが、それを行う際には、オープンでお互いを尊重するコミュニケーションを大切にしましょう。フォーカシング研究所自体の運営にも、標準化しないという価値を大切にします。多様性を最大にするだけでなく、研究所の目標を達成するためには効率性や有能性も必要なので、その間にはある程度の緊張は生じるかもしれません。

2009年にフォーカシング研究所では

2009年にフォーカシング研究所が支援したワークショップ:

私は人生ではじめて、他の人から、自分すべてが愛されているのを感じました。

このコミュニティはすばらしい。サマースクールで開かれたものの深さに感動しています。

新しい著書や翻訳:

コミュニティ健康プロジェクト:                                                                                           

大学:

·        フォーカシングは、チリ、日本、米国、アルゼンチン、ベルギー、英国他多くの国で、大学院で教えられています。

·        2009年にはブリジット・ドマがパリの有名私立大学「パリ・カソリック研究所」に招かれて、「フォーカシング資格」プログラムを設けることになりました。ドナタ・ショーラーとハンスピーター・ミューレタラーは、2つの大学でTAEを教えて、今後のクラスを期待して待機リストができているそうです。チューリッヒ大学からは彼らに、哲学と科学の大学院生すべてに対する必須科目としてTAEを教えてほしいという依頼もあるそうです。

博士論文: