Home   |   Newsletter Table of Contents   |   << Previous Page of Newsletter   |     Next Page of Newsletter >>

フォーカシング・パートナーシップ プログラムのご紹介

ロニ・ケトヴァー,臨床ソーシャル・ワーカー,フォーカシングトレーナー,パートナーシップ・プログラム・コーディネーター

「フォーカシングと傾聴は,あなたの体験を広げてくれる人と話をするようなもの」(ジェンドリン)

ロリ・ケトヴァー:認定ソーシャルワーカー、フォーカシングトレーナー、フォーカシングパートナーシップコーディネーター。ロングアイランドのフォーカシングセンターの設立者で、そこでは子どもや大人を対象にフォーカシングワークショップを提供している。lori@focusing.org

 パートナーシップは,フォーカシング・プロセスの貴重な部分であり,フォーカシング体験を深めてくれ,人生のどんなところにいても私たちを支えてくれるものです。直接会ってであれ,電話やE-メールであれ,フォーカシング・パートナーを持っているのは特別なことであり,私たちに,聴いてもらえ変化成長していける独自な場を与えてくれます。

 パートナーシップの構造は,評価や判断を下さない,尊重し,お互いに受容しあう雰囲気を提供し,フェルトセンスが生まれうるような安全な環境を作りだします。この枠組みの中でお互いに相手に添っていき,この深いレベルの体験過程にしっかりついていてあげることで,フェルトセンスが開けていくのを助ける場を保つ役に立つばかりか,その存在を確認し支える目撃者の役目も果たすのです。

 フォーカシングのパートナーシップは,私の心の中で特別な位置を占めています。私にとっては人生を変え,命を与えてくれるものでした。私が最初のフォーカシング・パートナーに出会ったのは,7年以上も前のこと,メアリー・ヘンドリックスの訓練プログラムでフォーカシングを学び始めたときのことです。初心者でしたが私はすぐに,私の内的な体験を,最初は自分自身に次に他の人に,聴いてもらい目撃してもらうことの重要性を感じました。私は聴いてもらったと感じたのです。それ以来私にはフォーカシング・パートナーがいますし,その多くの人と意味のある長い友情を育ててきています。

 昨年私は,フォーカシング・パートナーシップ・プログラムを開発し調整する仕事を手伝ってきました。このプロジェクトでの取り組みは楽しくもあり困難への挑戦でもありました。毎日何かが起こっていました。ジーン・ジェンドリン,メアリー・ヘンドリックス,ビル・シルヴァーマン,メリンダ・ダーラー,シャロン・シム,トリクシーたちの助力も得て,このプログラムが今始まったことをここにお知らせできるのは本当に感動です。 

  今,国際的なパートナーシップ希望者の集まりがインターネット上にできています。そこでは誰もが,パートナーを興味や言語などなどに応じて探すことができます。フォーカシング初心者の場合には,フォーカシング・トレーナーによる電話でのコーチされながらのフォーカシング・セッションを受けることもできます。このプログラムは,国際的なフォーカシング・コミュニティを支え築いていくための新しい方法です。人々がお互いにつながりあう新しい方法を提供し,さらに自分自身やパートナーやコミュニティとの結びつきをさらに深めるための架け橋となってくれるはずです。このプログラムではさらにフォーカサーやトレーナーやコーチや初心者への支援を続けていきます。以下に特徴をいくつかあげます。このプログラムについてのさらに詳しい情報を知りたい方は,www.focusing.org をご覧ください。または私 lori@focusing.org にお問い合わせください。

フォーカシング・パートナーシップ・プログラム

P resence       そこにいる
A cceptance  受け入れる
R espect    尊重する
T reasure    宝物
N urture    慈しむ
E xcite     楽しみ
R esonate   共鳴させる
S hare     分かち合う
H onor     尊敬
I nspire     刺激的
P atience    待つ
S afe      安全

パートナー探しの場への参加条件 経験のあるフォーカサー

初心者

 

Home   |   Newsletter Table of Contents   |   << Previous Page of Newsletter   |     Next Page of Newsletter >>